スタッフブログ

往復はがきタワー。

恒例行事のひとつ。
木匠工務店で住まいを建てて頂いた方の集まり会 “こだくみ会” を計画しています。

 

ご案内は、今年も「往復はがき」を使いました。
電子メールのように瞬時に届くわけではないので、時間に余裕を持って連絡をする必要があります。
近ごろを振り返ってみると、「時間に余裕を持つ為に考えるべきこと」って大切に思います。

 

瞬時にやりとりができてしまうと、慌ただしさを感じ(させ)たり、せっかちになってしまいそうです。
うん? せっかちなのは、私の年のせい・・・??

 
さて、話を戻して、

手書きで「往信はがき」の宛名面を書くことで、その家や、ご家族のことを思い出すことができます。
小学4年生だったお子様が高校3年生に、また、ご家族が増えたりとか・・・。

 

それと、はがきの注意点をひとつ。
「返信はがき」をはじめ投函すべき “はがき” は、鞄のなかに入れっぱなしにしないで、忘れずに駅前(?)のポストに出してくださいね。。

 
昨晩、はがきを投函しました。郵便屋さん宜しくお願いしま~す。
(るのみ)