木匠工務店の家づくり
安心して暮らせるための、見える家づくり
『誰がつくったか、どのようにつくったか、どのような素材でつくったのか、
その過程が見えた方が、安心して暮らすことができるのではないか』そのような想いから、
私たちは見える家づくりを大切にしています。
実際、工事中の現場や打ちあわせ現場に家族でおいで頂けるよう考えたり、
過去に当社がつくった家にご案内し、住んでいる方のお話を聞けるようにもしています。

材料についても、柱や梁などの構造材はどこで取れたものなのか、
1本ずつの強度はどのようになっているのか等を見えるようにしています。
そうしてできた家だからこそ、お客様は安心して暮らすことができ、
きもちよい暮らしに近づくと考えています。
お互いの目ざすところがずれないように、お客様と二人三脚での家づくり
お客様の思いと実際に出来上がったものにずれが生じないように、
私たちはお客様との対話を何より大切にしています。
例えば、当社ではお客様に『設計カード』というものを書いて頂いています。
これは、現在の生活の状況や課題、新しい生活に期待することなどを具体的に書くカードです。

お客様の中には、このカードを書いていく過程で、矛盾が生じたり、
自分が本当はどのような暮らしがしたいのか、何に不満を持っているのか、わからなくなったりする方もいらっしゃいます。
でも、それは家族がきもちよい暮らしをするために、必要な過程です。
一度家をつくる前にそれらを整理整頓し、理想の暮らしをしっかりとイメージすることが必要なのです。

そしてその過程で、一方的に話や要望を聞くのではなく、それを元に提案をします。
お客様が自分でも気づかない部分をご提案できるように、お客様と二人三脚になって、一緒に考えていきます。

そうして対話を繰り返し、お客様の理想の暮らしを一緒につくりあげていくからこそ、
きもちよい暮らしに近づくのです。
きもちよく暮らすために、自然と人間が共存できる家づくり
私たちは、光、風、熱など、自然の力を生かした家づくりをしています。

例えばデザインする際には、
窓や壁のバランスを考えて光の当たり具合を調整できるようにし、きもちよい明るさの光が入ってくるような工夫をしています。

そしてそれは家の中だけではありません。
例えば、庭に植栽をすることで、木々の成長を通して
季節や時間の流れを感じられるような工夫もしています。

こうして、家を建てる場所を読みとり、そこでしか得られない条件を生かし、
自然を上手く取りいれた家づくりのことを『パッシブデザイン』と呼びます。

そうしてできた家では、そこから『自然と共存した暮らし』が生まれます。
例えば、風がある日は窓を開けて風を通す。暑い日はすだれを降ろす。
天気の良い日は陽だまりの広縁で過ごす。
そんな暮らしができるようになります。

でも、自然は優しいことばかりではありません。時に苛酷です。思う以上に寒かったり、風や雨が強かったり、
不快なほどに暑かったり。そこで我慢をしてしまうと、『きもちよくくらす』という本質からずれていってしまいます。
だから、電気やガスの力に助けてもらうことも時には必要であると考えています。

そうして、環境や自然のぬくもりを大切にしながら、建物の基本的な性能を確保することで、
『自然と人間が共存し、快適に暮らし続ける』家ができ、きもちよい暮らしに近づくと、私たちは考えています。

» 施工事例
» お客様の声