スタッフブログ

息子と接点を保つ法

もうすぐ高校受験の息子は、居間で英語の教科書を読んで勉強中。
その息子が友達のSくんから借りてきていた漫画は、なんと”ドカベン”。
151214そうそう、私がこれを読むと10代の頃を思い出す。
破天荒でかっこいい男・岩鬼や、おとなしいけど賢く強いやぁまだ、に憧れていましたョ。
今借りてきている(正しくは「お借りしている」かな!)5巻までには、くせ者の殿馬 はまだ出てこないなぁ。
・・・「俺より先に読んでんじゃ~ん」と、黒い服の息子に文句を言われてしまった!!
息子よ、教科書もだけど”ドカベン”も早く読み進めて、次を借りて来てくれるとうれしいんだけど。。
あっ、Sクン。若いころを思い出させてくれてありがとう!!
最近は私をけむたがる息子になりましたが、充実した子供部屋がない我が家。
普段から居間を”住みか”にしている、いや、せざるを得ない「息子との接点」の話でした。
追伸
ドカベンの次は、”750ライダー”の美人な委員長の話でもしてみよっかなー。
(るのみ)