スタッフブログ

富士山のてっぺんが見られる見学会。

2年ほど前ですが、家族で山中湖に行った時の写真。
160208-1現地では雪が降った後のようで、厳しい寒さのなか、空気はすごく澄んでいました。
このまま歩いていけば、頂上まで登れそうな気持に・・・、なるくらい近くに見えました。
「寒いけど間近い」という思い出話でした。

 

とここで、もう一枚。
160208-2
かすかに頭だけが見える富士山は、今週末(2/13&14)に行う【建物完成見学会】の“住まいの窓”からの写真。
およそ同じ方角(角度にして違いは約10度)からなので、拡大してみると頂上のカタチは一緒。
直線距離で69kmなので、さっきの山中湖とは約4倍。

 

先程の写真と違う点は、「遠いけど寒くない」なのです。

家の中だからあたり前ですけれど、寒くない理由のひとつには、下の写真をどうぞ。
160208-3
太陽が照っていて、そして屋根から床下へ向っていく空気の様子が見られますね。
その空気の色が、だんだん赤色になっていますね。
「積極的に太陽の熱を熱のまま、住まいに活かそう」 というシステムです。

・・・見学会(←詳しくは こちら です)で、体感してみるのはいかがでしょうか。
富士山を見ると何か得した気分になる(?)話・・・でした(*_*)
(るのみ)