耐震等級3の忍者屋敷?。

「工事の安全」は祈るものではなく自分たちで担うもの、とした1か月前のブログ

 

工事は順調に進んでいます。
そして、安全と共に「安心な住まい」も大切。

 

ということで、この住まいは、安心材料のひとつとして、
第三者機関の検査~合格を経て、
『 耐震等級3 』の証明書を取得をします。

 

 

そして、
今週末には、同機関の検査を受けて、
『 断熱等性能等級4 』の証明書へとつながっていきます。

 

 

 

 

断熱材は、特に真夏・真冬の過ごしやすさに直結します。
より過酷な影響を受ける屋根面はセルロースファイバー、壁面は高性能グラスウールとしています。

 

 

これらの証明書は、
住宅ローンや税の優遇を受けられる要件にもなるので、そんな理由で取得される方もいらっしゃいますね。。

 

 

第三者機関の証明だけでなく、それと同時に日々の暮らし:気持ちよさも大事。
先日、建て主さんと現場での打ち合わせ!!

 

 

 

 

外壁の色は、
事前に候補に上げた何色かのサンプルを用意して、陽当たりの具合を確認しながらの決定となりました。

 

 

 

 

 

ちなみに屋根は、
現場に合わせて一枚の金属のロールから切り込むので、つなぎ目はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

窓の上には、カーテンレールを付ける為の下地、壁掛けテレビを付ける為の下地も付いています。

 

 

それとね、
住み心地に影響は出ないと思いますが、

 

 

 

現場で出るごみはしっかりと分別されています。
同じ木といってもムクの木と合板系の木も分別、ビニール系、紙や段ボール系と石膏ボードと分類されています。

 

 

~~自分の仕事の出口は次の人の入り口~~

ですもんね!!。

 

 

 

 

切り落とした材料、
余すことなくムダなく使う為に、集められています。
材料としては、出番を待っている感じです。

 

 

“うちの若い大工さんのココロ遣い”がうれしいです。

 

 

 

 

うん?
トイレに出入口となる戸の枠が2ヶ所もある。
・・・忍者屋敷?!。

 

 

さてさて、
この屋敷!の完成見学会は、12月の中旬を予定しています。

 

 

ご案内ご希望の方で、まだ私どもとコンタクトを取られていない方は、こちらから12月見学会希望 とメールをお願いします。

 

 

それでは、今は、爽やかな秋の空 を満喫したいと思います
(^-^)。。

(るのみ)