夜の現場。

基礎工事を一歩一歩進めています。

 

 

 

 

私たちは、基礎の底になる部分と外周の立ち上がり部分は、一回でコンクリートを流し込みます。少しの手間と技術を要しますが、強度や耐久性、シロアリ侵入の対策に役立つことになります。

 

 

 

 

 

とはいえ、この 一発打ち” だからといって、保険・保証など書類的な面で有利になることはありませんけどね・・・。

 

 

 

それとね、この方法で施工をする目的は、

「せっかく集めた太陽の熱」を逃したくないからなんです。

 

 

 

えーと、一言で言うと、

屋根で暖められた空気を床下に送り込んで、冬の生活・暮らしに活用させるのですが、その空気を打ち継ぎの隙間から逃したくないからでもあるんです。

 

 

・・・すみません、随分と長い一言ですね。。

 

 

 

↓↓イラストの方がいいですね。

 

 

 

 

住まい選びは、暮らし方によっていろいろだと思っています。

 

 

 

この現場の周りは、今各メーカーさんがいろいろな木の家をつくっています。

「木の家」って言っても、いろいろ違いがあるもんです!。

 

 

ちなみに、3週間前の様子は こちらのブログ からどうぞ。

 

はい、

私たちも、 特長ある木の住まい をつくっています。

(るのみ)