スタッフブログ

屋根のリフォーム工事

屋根のリフォーム工事の話です。

築20年以上を経過している住まいですが、既存の屋根が鱗状に剥がれてしまっています。

こうなると、とても塗装では対応できません。

既存屋根を剥がして新しく葺き直す方法もありますが、今回はカバー工法という、新しい金属屋根を重ね葺きしました。

 

 

 

 

金属屋根はガルバリウム鋼板といって、亜鉛とアルミのメッキ鋼板です。

大変軽くて、とても丈夫な屋根材です。

軒先から全て新規の屋根材にてくるみました。

元の屋根材も残っている為、雨漏りのリスクも少なく、

金属屋根ですと雨音の心配もありますが、低減させてくれます。

リフォーム時の工事費も解体工事が無い分、節約できます。

いづれ建替え時にはしかるべき方法にて既存屋根を処分する必要がありますが、

そのことを承知の上で、カバー工法を採用するのも一つであると思います。

 

 

【金属屋根が葺きあがったところ】

 

(佐藤正志)