社長ブログ

No.29「暖かい住まいは心地よい」

いちばん寒さが厳しくなるこの時期、心地よい住まいをつくる上で、なくてはならないことと言えば、やはり暖かいことではないでしょうか。

 

 

吉田兼好は「家づくりは夏を旨とすべし」と言ったといいますが、夏涼しくても、冬が寒かったら、心地よい住まいとは言えません。
高度成長期に建てられた家は、部屋の数が多いことが大切で、全体として面積は大きいのですが、小さな家でした。
おのずと、人がいるところだけ暖房して、住まい全体を暖めるような考えはなく、暖房器具もひと部屋に1つずつありました。

 

 

家族のつながりや家づくりの考え方が見直され、人が集まるリビングやダイニングをゆったりとした広いスペースをとり、心地よい空間にしたいということが尊重されるようになりました。
その為に、断熱材の性能を十分に発揮するため、隙間なくきちっと入れたり、断熱性能の高いペアガラスの窓サッシなどが普及してきました。

 

 

私たちは、太陽熱を積極的に取りいれることができるように、南側の開口部を大きく取り、直射日光で住まい全体が暖められるような設計デザインを取り入れています。

 

 

暖房も、太陽熱利用のパッシブソーラーシステムや温水を使った床暖房、薪ストーブをお勧めしています。
これらの暖房は輻射暖房と言われるもので、エアコンや石油ファンヒーターのようなものと違い、ものに熱が帯びる暖房器具のことです。

 
どの器具も足元から温まるため、室温をあまり上げなくとも、暖かいと感じることができ、床や壁や天井といった部屋の中の異なる部分での温度差が少ないのが特長です。
また、吹き抜けや階段室を作って、空気を対流させることができれば、1階2階の温度差を少なくさせることも出来ます。

 

 

食卓の温かい食べ物が心をときほどき、落ちついたゆったりした気分になれると同じ様に、暖かい住まいは、心地よく、リラックスできるものです。
自然の恵みを上手に取り入れながら、心も体もあたたかい住まいが良いですね。

 

 

(佐藤 正志)