横浜市青葉区の木匠工務店

木の家づくり

木の家づくり

日本にはもともとたくさんの木が在りました。住まいは身近な木から作られました。木の住まいは大きな樹の下に守られている安心感があります。柱と梁で支える日本の伝統的な家づくりは、開放的で、夏蒸し暑い日本の気候にあった家づくりです。

木の住まいが良いと感じるのは理屈ではなく記憶の深いところに刻み込まれた気持ちよさや、安らぎや、優しさを感じるからではないでしょうか。

housemade07_01

「きもちよさ」……木の住まいは「木」が湿気を吸ったり吐いたりして、気持ちの良い環境をつくります。

木の住まいは手や足が触れた時に暖かく、優しい肌触りがあります。また、木の香りは心を落ち着かせ、安らぎを与えてくれます。さまざまな木目はひとつとして同じものがなく、見た目にも美しく目にやさしいです。

「強さ」……バランスよく骨組みが組まれ、筋交いが入れられた木の住まいは地震や風の力を全体に分散させ、全体として強い住まいになり、安全です。

木は炭化することで燃え広がることを防いでくれます。また、きちんとメンテナンスして雨水を浸入させないことで、長く住まうことが出来ます。

「地球にやさしい」……木は育つときに温暖化の原因である二酸化炭素を吸収してくれます。次から次と植えることで繰り返し使うことが出来ます。また、壊したときもリサイクルしたり、土に還すことが出来ます。

housemade07_02