横浜市青葉区の木匠工務店

サービスへのこだわり

サービスへのこだわり

「竣工立会い・お引渡しから 家守りへ」

愛着を持って永く住み続けるためには、私たちの点検業務に加えて、お客様に日頃のお手入れをして頂くとともに、住まいの状態に合わせて適切にメンテナンスをすることが大切です。

建物が完成して現場でお施主様と一緒に竣工立会いをします。
ここでは、私たちとお付き合いがはじまった頃から話題に出る、ムクの木の特性やお手入れの仕方、設備機器の使用方法について改めてご説明をします。

しかしこの頃は、銀行との手続きやお引越しの手配もあり、多くを把握するのは大変な時ですので、お引渡し1ヶ月後に点検訪問を行っていますので、その時にご相談を承ります。

homemade05_1

また、庭木を新たに植えるにしても必ずしも完成時期が相応しいとは限りませんので、その都度お話し致します。

木の家がその場になじむにはいくつかの季節をまたぐことが必要ですし、家との付き合い方も季節ごとに変わります。「住むほどに住まいも成長をするもの」として、対応をしています。
その後の定期点検は、毎年1回の点検業務を行っております。

またお引渡しの時は、10年保証を担保する瑕疵担保保険の説明や、各種設備機器の説明、漏水や漏電など緊急時の対応方法のご説明なども行います。

将来住まいの所有者が変わられても、ご希望があれば、住まいに対しての定期点検は私たちが継続いたします。

木の住まいを通してお付き合いを続ける為に、年2回の木匠工務店のイベントがあります。
建てた大工さんや施工を受け持った関連業者さんたちとのふれあいも大切に考えます。

 

「餅つき会」

1年の感謝の気持ちを込めて年末には、毎年増える私たちのお客様をお招きして、木匠工務店全社員と関連業者さんとで餅つき会を行います。この日の木匠大工は、げんのうやのこぎりは持たず、杵をもちます。

homemade05_2

つきたてのお餅、とん汁、焼き鳥やお酒を振る舞い、1年を振り返り、来年の健康と発展を誓う会です。
新築住宅を建てられた方やリフォーム工事をされた方も含め、お客様同士の交流の場となり、日頃住まいに対してお客様が感じられているホンネを私たちにお話し頂ける機会にもなっています。

 

「木工教室・こだくみまつり」

「ものづくり・手づくり」を通して自分でものをつくる楽しさや大切さを伝えたいと思っています。

homemade05_3

私たち木匠工務店だからこそ木を使って、季節、太陽、風、花など自然に関係するものから日々の暮らしに豊かさや楽しさを与えられるものをつくる「木工教室」です。

ご参加される方々は、今までの私たちのお客様をはじめそのお友達の家族や、地域に根ざした木匠工務店を知って頂くために地元の方々の参加も増えてきました。
お子様からご年配の方々にも楽しんでいただけるように考えています。