スタッフブログ

第13回 こだくみまつり です。

木匠工務店のいくつかある恒例行事のひとつ、事務所の前で行う「こだくみまつり」=夏休み木工教室を、一昨日行いました。

 


例年この「こだくみまつり」は、お申し込みも多いことから予約制です。
だから、お待ちいただく事なく進められます。

 


今回作成するのは、「大工さんの道具箱」です。
木匠工務店の大工が先生役になってつくりますが、持ち帰った道具箱は、大工道具に限らず、もちろん何を入れてもいいんです。

 

 

材料は、私たちがつくる木の家で使っているムクの床材、軒天の端材などを利用します。
シンプルな木の箱ですが、ひっくり返っても中身が出ません。しかも、ふたの開け閉めは片手でできる重宝モノです。

 


いらしていただいた方々は、
木匠工務店で家を建てられた方、リフォーム工事をされた方、家の検討をされている方、進行中の新築現場のお近くに住んでいらっしゃる方など、様々です。

また、
アフターメンテナンスの事など、ついでに聞かれていく方もいらっしゃいました。
お客様とは、身近な存在でいられるようになっているのです。

小さなお子さんはお手伝いをしてもらいながら作ります。
自分でやっちゃうお子さんもいます。

 


少し手間がかかるから、愛着が増し、ありがたみも出ます。そうすると、きっと長く大事に使ってもらえるようになるのです。

 

 

加えて、
手づくりの楽しさを通して、親子の会話や、私たちとのつながりが深まっていくとうれしいものです。

 

 

・・・とはいえ、
この猛暑ですので、麦茶はたーくさん、塩分チャージ飴などもご用意。それに加えて今年は、“ミストシャワー”も登場です。いやーそれでも、暑かったです。
暑い中ご参加いただきましてありがとうございました。

 

どうぞ、みな様におかれましても、どうぞご自愛下さい。

(安間稔)