スタッフブログ

第14回 こだくみまつり です。

木匠工務店のいくつかある恒例行事のひとつ、事務所の前で行う「こだくみまつり」=夏休み木工教室(7/21)を行いました。

 


朝から予約はいっぱい。
まず最初に、今回の「杉板でつくる小さな黒板」を、発案した社長から簡単な作業の流れを説明。

 

 

 

その後に、うちの大工さんのいる各テーブルに移動して、作業が始められます。

 

 

 

・・・今は、
スマホで「ポチっ」として、
家で待っているだけで、およそ何でも手に入る時代です。

 

 


苦労せずに安く手に入ります。
悪いことではありません。

 

 

 

でもそうすると、
壊れたら、
飽きたら、
また買い換えようとか考えちゃいます。
僕もそうです。

 

 

 

 

でも、自分で作ってみると、
大切にしたくなったり、
修理の方法だって考えられます。

 

 

 

物を大切にしたくなる気持ちが生まれればいいなって思います。

そうすると、
せっかくだから素材も気になってくるんです。

 

 

 

 

先月の新聞記事にあったのですが、
黒板の裏面は、「杉木口スリット材」にしてあります。

 

 

 

小さな板なのでその効果は少ないのかもしれませんが、日本の木:杉の効能を知るきっかけになってくれるとうれしいです。

 

 

はい、杉の木で家をつくることだって・・・、
いやいやそんなことこそ、うちの大工さんは大大得意なんですよ
(^-^)。。

 


そう、
「杉板でつくる小さな黒板」つくり、
お子さんたちは、大工さんに手伝ってもらいながら、ひとつのものを作り上げました。
もちろん、大人の方だけでの作成もOKです。

 

 


いらしていただいた方は、
今住まいのことを検討されている方や、 木匠工務店で家を建てられた方も多数来ていただきました。
お客さまとは、身近な存在でいられるようになっていたいのです。

 

 

 


楽しかった私からの余談・・・
上のお姉ちゃんが工作をしている間、下の弟君とプール脇のベンチで、
「重たいランドセル背負って、毎日学校へ行くのは大変だ」っていう話。

 

 

 


続けて彼曰く、
「ゾウさんに持って行ってもらいたい。踏まれたら大変だけどね。でも恥ずかしいかな」
なんて話に発展しちゃいました・・・。
聞くと1年1組出席番号22番の子でした。
今は夏休み。2学期にゾウさんは間に合わないかな・・・
(^^)/。。

 

 

さぁさ、
そろそろ梅雨明けかな。。夏の“ジリジリ”が来そうです!
元気に夏を過ごしましょう。

(安間稔)