1100年前からの王禅寺。

今、新築工事をしているトコロ:王禅寺。

 

私は、どうしても“王禅寺”って聞くと、「区画が整理された住宅街」ということが浮かびます。うちの設計士にそんな話をしたら、視野がせまいって、叱られました。

 

・・・ということで、

ぽかぽか陽気の休日、『王禅寺』の勉強に行ってきました。

 

 

王禅寺:およそ千年前に開山されたお寺、王禅寺に由来されるそうです。

 

 

 

区画が整理された・・・?

 

 

 

 

おごそかな雰囲気の山門。

でも、ちょっと階段の踏み面が狭く、そして急階段・・・。

 

 

 

 

 

桜の古木、いつの頃か 何か逆境があったのか真下へ伸びた幹。

 

 

 

 

 

あっ、やっぱり大きな軒があると、建物の持ちが良さそうですね!

 

 

 

樹齢450年と云われる「禅寺丸柿」の原木も境内にありましたが、今はまだ真冬のいで立ちでした。

でも2ヶ月もすれば、新緑の柿の葉が芽吹きますね。その頃には今工事をしている建物も完成です。

 

 

 

それと、おまけの情報、この『王禅寺』の隣にある 王禅寺ふるさと公園 。

 

 

広――い芝生を見渡せるところの桜はもう満開(3/10)でした。

 

 

 

 

 

一足先のお花見になりました。

 

地元の歴史の勉強を通して、“王禅寺” の魅力を見つけることがてきました。

(るのみ)