スタッフブログ

今日は、木の家セミナー03。

今日は、月一回行っているセミナー、「木の家セミナー03  心地よい住まい編」でした。
昨今の感染症の心配があるので、計画をしていた「心地よい住まい編=OB宅の訪問」は変更して、建築中の現場で行いました。

 

ある住まいづくりの例として、
↓↓普段からおすすめしていることです。

 

家の屋根は、冬だって陽当たり良好。

 

太陽でぽかぽかになった空気を
屋根から家の床下へ送り込みます。

 

 

だから足元からジワジワ暖まるのです。

あたたかい新鮮な外気を常に取り入れるので、換気も兼ねています。

 

スケッチにするとこんな感じです。

 

 

 

 

では、ある日(2/16(水))の2点を計ってみた結果(下の写真)です。
あっ、はいっ!、
セミナーの今日、お日様が照っていればよかったのですが、雲隠れしておりましたのでね・・・。

 

 

 

↓外の気温

 

 

 

 

↓取り込みの温度

 

 

 

 

 

「取り込みの温度:44℃」=一番温度が上がる部分ではありますが、なかなか温度上がっているでしょ。

「外の気温:7.5℃」との差がすごいです。

 

 

 

もちろん、電気やガスなどのヒーターは使っていませんよ。

日当たりの良い屋根にすき間をつくって、換気扇のようなファンで強制的に空気を集めただけです。

 

 

 

真冬の寒い日に、実は猛暑日以上の温風ができるのです。
それだけ「太陽の熱を熱のまま使う」って効率がいいのです!。
住まいの中の温度差を少なくする暮らしにつながります。

 

 

・・・こんな知恵・工夫を住まいに取り込んだ暮らしはいかがでしょう。

今日のセミナーでは、そんなお話しもしました。

 

 

今日は北日本・日本海側は大雪のようです。太平洋側の関東圏は冬の晴天率は高いと聞きますが、やっぱり今日のような曇天の時もあります。
そんなことも含めお話ししました。

 

 

本日お出でになれなかった方でご興味があれば、私どもへお問合わせくださいね。

 

 

昨日は、二十四節季の「雨水」とのこと。
季節は進み、雪から雨に変わるようですね。。

 

春が待ち遠しいです。。

 

(るのみ)