社長ブログ

No.10「つながっています」

昔の昼のバラエティー番組に「友達の友達は友達だ!みんなで広げよう友達の輪!!」というフレーズのコーナーがありました。
タレントが次から次へと友達を紹介してゆきます。 知り合いの知り合いが次から次へと繋がって行きます。

 

 

工務店を立ち上げて、人の縁というものを感じながら大事にしてきました。代々この地に住んでいる訳でもなく、地縁、血縁を頼りにすることも出来ません。そ れでも少し長く生きていると、不思議と「知り合いの知り合い」と言う人に巡りあいます。以前から仲良くしていた人の友人だったことなど聞くと、お互いの関 係がぐっと近くなります。 とりたてて顔が広いわけでもありませんが、知り合ってからお互いのことを聞いていくと、その人をよく知っている人だったりするのです。
世間は広いようで意外と狭いものです。
「悪いことはできない」などと言いますが、むしろ普段から良いおこないを心がけて、誰にも優しく親切に振舞うことが大事だと思います。 私たちは何にもないところからはじめた工務店でした。後ろ盾や実績がないところからはじめたこともあり、応援してくれる業者さんや友人などの人と人との繋がりを大切にしてきました。

 

 

近頃では、家を陳列してある商品のように買うものだと考える人もいますが、どんなに工業化されようとも、ロボットが家をつくってくれることはありません。生身の人間がお客様と一緒につくるものなのです。

 

 

私たちは良い住まいをつくるという目的の基に、元請とか下請けとかいう上下の関係はありません。
人と人とのつながりを大切にし、誰かが我慢することで成り立つような住まいづくりにならない様、これからも関係を大切に良い住まいをつくって行きたいと思います。

colum10

人と人とのつながりが無限に拡がることを表す輪繋ぎの文様

 

 

(佐藤 正志)