スタッフブログ

門扉の修理

リフォームをやっていると、毎回様々な状況に出くわします。

 

 

鋳物の門扉のリングが片方取れてしまっています。
鋳物の金物は古くなると折れやすいので、
ライオンの形のものも、「1匹輪っかなし」というのをよく見かけます。

メーカーと型番が特定できて、部品が取り寄せられれば問題ないのですが、
どちらもわからなかったり、すでに部品が手に入らないこともよくあります。

今回も同じものを見つけることができず、外れたものもなくなってしまっていたので、
鉄骨屋さんに新たにつくってもらうことにしました。
鉄の規格部材を使ってなるべく簡単につくります。

以前よりシンプルなものになりましたが、、、まあまあ違和感なくできたかと思います。
塗装屋さんも写真を見ながら、既存の状態に合わせてわざと少しムラのあるように塗ってくれました。

 

 

毎日のことだから、このちっちゃい軸の部分をつかんで、門を開け閉めするのは大変だったと思います。

 

 

修理の仕事は、なるべくお金をかけず簡単に、できませんと言うことなく、スマートに直せるといいなあ~、、、
と常々思っています。

(bun)