社長ブログ

No.6「感動をありがとう」

惜しくも決勝トーナメントでPK選の末に敗れた日本チーム。
直前の前評判とはうらはらに予選リーグで2勝を上げ、決勝トーナメントに進みました。

 

 

普段から野球やサッカーなどのスポーツ観戦をする方ではありませんが、サッカーのワールドカップは別で、にわかサッカーファンになりました。
世界中の人々が熱狂するのは、4年に一度しか行なわれず、オリンピックと違い一つの競技で競い、ルールが単純でボールさえあればどこでも出来るというサッカーというスポーツのおかげかも知れません。

 

 

国と国とが名誉の為に戦うことは、普通の暮らしでは意識しない「日本」や「日本人」ということを意識せずにはいられません。国民の期待を背負ってがんばる選手に自分達の期待や願いを重ね合わせます。
もやもやと先の見えない閉塞感を感じる世の中にあって、個人技では劣るけど組織力で勝ち進んだ「サムライジャパン」に日本人としての自信を与えてもらった良い機会となりました。

 

 

チーム一丸となって勝ち進んだ日本チームにエールを送りたいと思います。
日本人としての勇気と誇りを与えてくれた日本代表の健闘をたたえ、ありがとうと言い、4年後には更なる上位を目指して活躍してもらいたいと思いました。

 

 

(佐藤 正志)